メーカー別 繊維ニュース

日本繊維機械学会賞/東洋紡などが受賞

2010年05月28日(Fri曜日) 午後2時36分

 日本繊維機械学会はこのほど、2010年度の日本繊維機械学会賞を発表し、東洋紡の研究グループなどが受賞した。各賞の受賞者は以下の通り(敬称略)。

 論文賞=石丸園子、磯貝悠美子、松井まり子、根岸聖司、野々村千里(以上、東洋紡)、横山敦士(京都工芸繊維大学)「有限要素法を用いた衣服圧分布の予測計算―スパッツの衣服圧計算」。

 技術賞=古谷稔(兵庫県工業技術センター)、片山象三(片山商店)、美馬博志(村田機械)、藤田浩行(兵庫県工業技術センター)、澤之井要(村田機械)「同時多柄織物試作に対応した先染め織物用整経システムの開発」▽山本剛、藤井智成、野村祐右(以上、津田駒工業)「サイジングマシンの低張力制御」、福嶋一成、麻生典雄、久保昌彦、楠慎吾(以上、ダイワボウノイ)「防汚性および吸水性拡散性に優れた織編物および繊維製品」。

 学術奨励賞=本田拓也(信州大学)「コンニャク・グルコマンナン繊維の農業用資材への応用」▽井上拓弥(信州大学)「床材の温冷感評価に関する研究」▽金井博幸(信州大学)「織物の微視的測光法と特徴化法の検討」。

 ベストポスター発表賞=丸山慎太郎(京都工芸繊維大学)「PTFE樹脂加工されたガラス繊維のリサイクル」▽曽根康介(京都工芸繊維大学)「酸化チタンと導電紙を組み合わせた触媒紙の開発」