メーカー別 繊維ニュース

DISわぁるどin岡山/最新IT機器が勢ぞろい

2011年10月28日(金曜日) 午後2時30分

 ダイワボウ情報システム(DIS)主催のIT機器総合展「DISわぁるどin岡山」が「コンベックス岡山」(岡山市北区)で27日から始まった。国内外の有力ITベンダーが集結するとともに、「アパレルITソリューションコーナー」(運営協力=本社ダイセン)には繊維関連企業も多数参加、きょう28日まで開かれる。

 アパレルITソリューションコーナーには東レACS、AGMS、アベイル、マイティカード、アパレルウェブ、カイタック、トンボ、明石被服興業、セロリーが参加。また、他のコーナーにもアパレルのシステム関連でピコシステム、両備システムイノベーションズが出展している。

 DISは、シスコシステムズ社のネットワーク機器にネットワークカメラのパイオニアであるアクシス社のカメラを接続することで、有線と無線両方のネットワークでも高品質な映像を配信することのできるソリューションを実演で紹介。スマートフォンからでも映像がモニタリングが可能で、次世代の会議のあり方を示した。

 東芝情報機器は教育用タブレットPCを展示。リテラシーのレベルを問わない簡単なタッチパネル操作で、小学校の低学年からでも使えるとともに、汎用性の高い学習効果が期待できることを実演でアピール。

 基調講演では経済ジャーナリストの財部誠一氏が「2011年日本経済の行方~地方経済活性化のキーワード」をテーマに、地方経済の活性化や国内市場への攻め口など実例を交えて解説した。