きいボード

2013年05月21日(Tue曜日) 午前11時21分

 乾燥した温暖な気候により、柔らかな肌触りと優れた発色性を持つ“イズミールコットン”。欧米の著名ブランドにも多く採用されており、ご存知の人も多いだろう。トルコ南西部のアナトリア、エーゲ海に接するイズミール地方で栽培されるトルコ綿だ。ただ、現地の人曰く「“トルコ綿=イズミールコットン”だけではない」。だからといって“トルコ綿”では、粗悪な印象ではないものの、日本では“安価”や“量産”などのイメージがついて回る。そこで“エーゲ海コットン”として打ち出す案も出ている。風光明媚なリゾート地やギリシャ神話など、良いイメージで需要喚起につなげたいとの考え。何でもブランディング、ストーリー性は重要だ。