メーカー別 繊維ニュース

北陸新幹線でファスナー活躍

2015年07月21日(Tue曜日) 午前10時17分

 今春、金沢まで延線されたJR東日本の北陸新幹線。その車両、E7系も人気となった。ところで、その座席の背もたれに付いている可動式ヘッドレストにYKKの№5コイルファスナー(裏使い)が使われていることはご存じだろうか。

 JR東日本によると「座席のまくらの部分はファスナーを利用して上下に可動」する。これまでグリーン車には上下可動式のまくらが付いていたが、レールによって昇降するタイプだった。「今回はグリーン車だけでなく、普通車客席にも採用するため、コストダウンを図った。それがレールに代わりファスナータイプを採用した理由」と言う。まくらといすをファスナーでつなぐことで、まくらが上下に可動する仕組み。

 このファスナーを利用した可動式ヘッドレストは、東北新幹線や秋田新幹線で運用しているE5系、E6系の車両座席でも使用されている。