メーカー別 繊維ニュース

ニッケ/最新鋭ワインダー導入/村田機械「FPRO」60錘

2016年04月19日(Tue曜日) 午後12時48分

 ニッケはこのほど紡績・原糸開発の岐阜工場に村田機械の最新鋭自動ワインダー「プロセスコーナーⅡ FPRO」60錘を導入することを決めた。9月末から稼働を開始する。これにより生産性向上、省エネに加え、従来は難しかった極細単糸や単糸交撚糸の染め巻きが可能になるなど、素材開発力が強化されることになる。

 ニッケは、紡績を岐阜工場、織布・染色加工を印南工場に集約したことで積極的な設備投資・更新を進める方針を明らかにしている。今回の投資もその一環だ。

 このほど導入した村田機械のFPROは、パッケージへの糸誘導に従来のガイドドラム方式ではなく、アームトラバース方式を採用した最新鋭機。ガイドドラム方式では難しかった低テンション巻きやパッケージのエッジ補正などが可能で、多彩で高品質なパッケージを生産できる。

 ニッケでは、こうした新鋭設備を積極的に導入することで製品開発、品質向上、生産性向上を一段と強化する。