メーカー別 繊維ニュース

中国余話/常に緊張感持って開拓

2016年07月22日(Fri曜日) 午後12時0分

 「(市況低迷が続く中)常に緊張感を持って新規開拓に取り組んでいる」と話すのはスタイレムの現地法人、時代夢商貿〈上海〉の安田季隆総経理だ。同社は今年上期も大幅増収増益を達成。好業績が続く背景には、新規開拓で絶えず成果を上げていることがある。

 「店頭が奮わない中、今期100買った顧客は来期50になる可能性がある。そのため新規開拓が不可欠」。営業スタッフがどぶ板営業に取り組むほか、商品力やサービスが認められ客が客を呼び、開拓は順調だ。「上期だけで何十社も増えた」と言う。顧客が尽きる懸念もありそうだが、「リーチできていないブランドは無数にある。待っていたらダメ。これからも攻める」と強気の姿勢を示す。

(上海支局)