メーカー別 繊維ニュース

カンボジア/新規工場建設で5万人の雇用創出

2016年11月17日(Thu曜日) 午後4時30分

 カンボジア工業手工業省の報道官は10日、2016年1月から9月末までに116の新工場が登録され、5万1548人分の新規雇用が発生したと述べた。「省の統計によると、新規工場数は前年同期を11%上回っている」と報道官は述べた。新設工場を加えるとカンボジア全土の登録工場数は1554となる。「プノンペン・ポスト」が報じた。

 「下請生産を行う小規模工場が幾つか閉鎖されたが、大規模工場は全て通常通り操業している」と言う。

 報道官は、今年は今後も工場数の順調な伸びが期待でき、飲料大手コカコーラ社も今年12月、プノンペンの経済特区に1億㌦規模の新工場をオープンする予定であると付け加えた。

 加えて、米国政府が最近決定した一般特恵関税制度(GSP)の拡大により、カンボジア製旅行用品を米国市場に無関税で輸出できるようになるため、製造業者らが新たに工場建設を進めると予測されている。

 同省の統計によると、今年1月から9月までに260社の中小企業(SMEs)が設立され、2344人分の新規雇用が発生した。新たに設立された企業を合わせると登録中小企業数は3万9091社となり、約20万人を雇用していることとなる。

〔アパレルリソース・イン・インドシナ〕