メーカー別 繊維ニュース

ベトナム繊維協会/政府に政策支援要請

2016年11月18日(Fri曜日) 午後4時48分

 ベトナム繊維協会(Vitas)はこのほど商工省に対し、国内繊維・縫製産業の支援のため、(1)国内・外資企業による投資事業の管理能力強化(2)最低賃金の賃上げや労働時間に関する政策の見直し――など複数の提案を行った。繊維協会は、繊維産業開発への支援と人材教育への支援も要請した。「ベトナムの声」による。

 ベトナム繊維産業は、中国、インド、バングラデシュやパキスタンなどの縫製品輸出国との苛烈な競争と予測される世界的な需要の低迷により、2017年も困難に直面するとみられる。

 ベトナム繊維公団(ビナテックス)のレ・ティエン・チュオン社長は、米国と欧州連合(EU)向けの繊維・縫製品輸出は英国のEU離脱と環太平洋連携協定(TPP)反対派のドナルド・トランプの米国大統領当選による負の影響が予測されると話す。政策的支援がなければ、繊維産業の17年の輸出額の伸びは5~7%にとどまるとみる。

 同公団によると、今年1~10月のベトナムの繊維品輸出は前年同期比4・8%増の233億ドルであった。今年の修正輸出目標額である280~290億ドルに到達するためには、残る2カ月で月間平均輸出額25億ドルを達成する必要がある。

〔アパレルリソース・イン・インドシナ〕