インド複合企業ウェルスパン/グ州の繊維事業へ大規模投資/生産拠点など整備

2017年01月13日(Fri曜日) 午後5時14分

 インドの複合企業(コングロマリット)ウェルスパン・グループは、西部グジャラート州で繊維事業に400億ルピー(約680億円)を投資し、生産拠点などを整備する。

 同州で開かれている投資サミットで、覚書が締結された。200億ルピーは生産拠点の設置に充てる計画。海外市場向けの製品を作る予定で、5000人の直接雇用と1万5000人の間接雇用を見込む。

 このほか、100億ルピーを投じて、ヘルスケアや防火関連で使われる特別素材の生産や人材開発を進める。これにより1500人が直接雇用される見通し。残り100億ルピーは航空宇宙や防衛、自動車向けの素材の生産に投資する。同案件でも2000人の直接雇用と5000人の間接雇用を予定している。

 ウェルスパンはこれまで、累計1000億ルピーを同州で展開する事業に投資してきた。ゴエンカ会長は声明で、「新規投資を通じて、グジャラート州を海外市場に向けた繊維産業の中心拠点に育てる」とコメントした。

〔NNA〕