メーカー別 繊維ニュース

宇仁繊維/5年ぶりにウール投入/4、6月の個展で披露

2017年01月31日(Tue曜日) 午後4時33分

 宇仁繊維(大阪市中央区)は数年ぶりにウール素材の取り扱いを復活する。定番素材として備蓄し、4月と6月の個展で披露する。

 同社はポリエステル薄地織物を主力としながら、徐々に中肉、綿、レース、ジャカード、ジャージー、デジタルプリントなど品種を拡大。その一環としてウール素材も一時期取り扱っていたが、「国産でも安い」を企画販売のコンセプトにする同社の基準にまでは生産コストを下げられず、拡販にも至らなかったため、取り扱いを休止していた。

 宇仁龍一社長によるとウール100%素材を取り扱うのは5年ぶり。

 4月に東京、大阪で開くプレビュー展、6月に東京、大阪、名古屋で開く総合展で大々的に披露する。