香港・ジョルダーノ/16年本決算は2%増益

2017年03月14日(Tue曜日) 午後4時46分

 香港のカジュアル衣料チェーン大手、ジョルダーノ・インターナショナルが9日発表した2016年12月期本決算は、純利益が前年比2%増の4億3400万香港ドルだった。コスト削減策が奏功して増益を確保したものの、各地の景気低迷を受けた消費マインドの低下や、人民元安による中国本土の減収などが増益幅を縮めた。

 売上高は4%減の51億4500万香港ドル。市場別の売上高を見ると、全体の25%を占める中国本土が11%減の12億8500万香港ドルと低迷した。香港・マカオは5%減の9億2700万香港ドル、台湾は4%減の6億1500万香港ドル、中東は2%減の6億2600万香港ドルと軒並み不振。香港での減収は店舗閉鎖によるもので、台湾は景気低迷により消費者の購買意欲がそがれたほか、本土からの旅行者数の落ち込みも響いた。

 一方、東南アジアなどその他アジア太平洋地域は5%増の13億8800万香港ドルと唯一伸びた。

 ブランド別の売り上げは、「ジョルダーノ」と「ジョルダーノジュニア」が4%減の41億3000万香港ドル、「ジョルダーノレディース」が2%増の4億100万香港ドルとなった。「BSX」は12%減。

 昨年末時点の店舗数は2397店で、前年末から26店の純増となった。本土では直営店を17店減らした。香港・マカオは2店の純増。〔NNA〕