インド衣料ウッドランド/日本進出を計画

2017年04月13日(Thu曜日) 午前11時55分

 インドのカジュアル衣料品店チェーンを展開するアパレル大手ウッドランドは2018年までにインド国内120カ所で専売店を設置する計画だ。日本や韓国の市場への進出も視野に入れている。「PTI通信」が10日伝えた。

 ウッドランドは現在、国内600カ所に専売店を持つほか、5000カ所の小売店に商品を納入している。ハルキラット・シン社長は「事業拡大に当たって、日本や韓国への市場参入も検討している」と述べ、年内にも計画に着手するようだ。東南アジア諸国や中東、アフリカ、独立国家共同体(CIS)では既に、事業を展開している。〔NNA〕