6月にインド国際テキスタイル展/各種の繊維展集約/国内外企業に参加よびかけ

2017年04月25日(Tue曜日) 午前11時6分

 「インド国際テキスタイル展示会」(インド工業連盟主催、インド繊維省共催)が6月30日~7月2日、同国グジャラート州ガンディーナガルのエキシビジョンセンターで開かれる。年間、数十の繊維関連展示会を同展に集約、訴求力を高めて主要産業である繊維の強化につなげる。

 バイヤーと出展企業の参加を国内外で呼び掛けている。

 インド工業連盟によると、同国では年間、数十の繊維関連展示会が開かれているが、インドでのモノ作り促進策を重視するナレンドラ・モディ首相の主導で、17年は同展に集結させる。アパレル、雑貨、素材、服飾資材のほか、縫製機械や検査機器まで幅広く出展対象とし、B2BやB2Gミーティング、セミナーなども行う。

 2015~16年度のインドの繊維輸出は約400億ドルで全輸出の15%を占めるなど、繊維は主要産業の一つ。外資による100%直接投資や、生産設備に対する優先的な低金利融資が可能な点など繊維産業への投融資優遇策も紹介して産業基盤強化につなげる展示会にする考え。

 出展に関する日本企業の問い合わせは、日本代表事務局の日印国際産業振興協会(電話03・5733・5068、http://www.npo-jiipa.org)まで。