インドのアディティヤ/炭素繊維に参入検討か

2017年04月26日(Wed曜日) 午後2時23分

 インドの財閥アディティヤ・ビルラ・グループは、炭素繊維市場の参入を模索しているもようだ。クマル・ビルラ会長が買収を通じた生産技術の取得を検討している。「ライブミント(電子版)」が「ブルームバーグ」を引用して伝えた。アディティヤの広報担当者は、コメントを控えた。実現すれば、インドの大手企業が初めて炭素繊維市場に参入することになる。

 アディティヤは、鉱業から携帯電話サービスまで、さまざまな分野で事業を展開する。ビルラ会長は、買収・合併(M&A)に積極的なことで知られる。

 消息筋によると、買収に向けた検討はまだ予備段階で、市場参入時期は固まっていない。だが、ビルラ会長は、自社が海外に持つ既存工場向けの技術の取得か、他社の工場そのものの買収を視野に入れているという。

〔NNA〕