「アクシーズファム」/上海と杭州で各1店出店/16年既存売上高は3割増

2017年05月02日(火曜日) 午前11時54分

 【上海支局】アイジーエーは、レディースカジュアルブランド「アクシーズファム」を4月27日に浙江省杭州市で、翌28日に上海市で各1店開いた。中国で好調を維持しており、2016年既存店売上高は前年に比べ28%増えた。今年の単年黒字化を目指す。

 シンガポールの不動産大手、キャピタランドが杭州市銭江新城と上海市中山公園に開いたショッピングモール「ラッフルズ・シティ」に出店した。店舗数は上海市4店、浙江省寧波市、同杭州市、江蘇省蘇州市、同常州市各1店の計8店になった。

 五十嵐昭順社長は「上海の既存店は売り上げを順調に伸ばしている。上海以外の店舗の底上げが課題だ」と話す。

 16年の新店を含めた売上高全体は38%増えた。今年1~3月は全体が8%、既存店が横ばいと伸びが減速している。アリババ集団の「タイバオ」で展開するインターネット通販の16年売上高は2倍に拡大、今年1~3月は40%増だった。

 今後はブランド認知度を高めながら、実店舗とネット通販双方で稼いでいくことが目標だ。出店は引き続き慎重に進める考えで、年内の出店予定はない。