越・ホーチミン市/繊維工業団地の開発停止を要請

2017年06月19日(月曜日) 午前11時1分

 ベトナム・ホーチミン市人民委員会はこのほど、計画投資省に対し、市内での新たな衣料品・繊維工業団地の開発を停止するよう求めた。13日付「ベトナムネット」が報じた。

 市人民委は、ホーチミン市の既存の工業団地でも衣料品・繊維会社のニーズを満たすことができているため、大規模な衣料品・繊維工業団地は必要ないと説明する。

 ホーチミン市内には計23カ所に工業団地・輸出加工区があり、このうち17カ所は多様な産業部門に向けたものとなっている。

 衣料品・繊維企業が多く入居するのは、タントゥアン輸出加工区、リンチュン輸出加工区、タンホイヒエップ工業団地、タンビン工業団地、タイバッククチ工業団地、ドンナム工業団地だという。小規模な繊維・染色会社は主に、レミンスアン工業団地とヒエップフオック工業団地に入居している。〔NNA〕