カーテン

2017年06月29日(木曜日)

オーダー小売り競争激化

 インテリア製造卸の2016年度決算は、サンゲツが7期連続の増収、純利益が2期連続の最高益、東リも純利益が2期連続で最高益となるなど好業績が目立った。しかし、カーテン事業は東リ、サンゲツ、スミノエ、川島織物セルコンなど多くが軒並み前期実績を下回った。病院・福祉施設といったコントラクト用途は健闘したものの、住宅用が苦戦。10%前後落とした製造卸も見られた。倒産したメーカーもあった。

 国土交通省によると、16年の新設住宅着工戸数は前年比6・4%増の96万7237戸と2年連続増加した。このうち持ち家が3・1%増の29万2287戸と3年ぶりの増加、貸家が10・5%増の41万8543戸と5年連続の増加、分譲住宅が3・9%増の25万532戸と2年連続増加した。

 数字から見ると、16年は決して悪い環境ではなかった。ブラインドやシェード、ロールスクリーンのメカものに流れている面もあるが、商流が変化している点が大きいと考えられる。

 オーダーカーテンの商流は、小売店ルートと内装ルートに大きく分かれる。

 小売店ルートでは、家具・インテリア大手のニトリの台頭が著しい。業界筋によると、ニトリが目標とする年間販売額100億円が射程に入ってきたと言う。これまで既製はニトリ、オーダーはカーテン製造卸などとある程度住み分けができていたが、ここ数年でその構図が急激に崩れている。製造卸が商品を卸す専門店や百貨店、家具店のシェアを奪っている。

 一方で健闘するカーテン専門店などもある。関西を地盤にするデコーレの2018年1月期上半期はここまで、オーダーカーテンが前年同期比8・6%増で推移する。高付加価値のカーテンが消費者に選ばれている形だ。

 関東圏でもある百貨店にニトリが出店したが、百貨店のオーダーカーテン販売も伸びている。見比べた結果、プロによるカウンセリングの良さを改めて実感するという。商品力に加え、販売面を含めていかに差別化していくかがポイントになる。

 ハウスメーカー向けの内装ルートは、製造卸の見本帳ビジネスの大きな柱になっている。同ルートではサンゲツが4月に設立したカーテン専門販売子会社、サンゲツヴォーヌが注目される。インテリアコーディネーターを擁する住宅メーカーへの販売を強化し、同分野のカーテン採用率を高める狙いで、従来の代理店まかせではなく、もう一歩踏み込んだ形と言える。

 さらにハウスメーカー向けに特化した専用見本帳は比較的堅調とされる。値下げ販売が常態化した通常の見本帳をハウスメーカーが嫌がる面があり、ほかの用途で売れないリスクを製造卸がとれるかが分かれ目になる。