米アバクロ 尖沙咀に出店/香港事業を継続へ

2017年07月06日(Thu曜日) 午前11時16分

 米アパレル大手のアバクロンビー&フィッチ(A&F)が、九龍・尖沙咀の商業施設「ハーバーシティー(海港城)」に出店する。同社は今年に入り香港で唯一の実店舗だった香港島セントラル(中環)の旗艦店を閉鎖。香港市場からの撤退もうわさされていたが、今後も香港事業は継続する。路面店での展開は断念し、商業施設にテナントとして出店する方針に変更したとみられている。4日付「明報」が伝えた。

 海港城に設ける店舗は香港市場での旗艦店との位置付けで、延べ床面積は約7千平方フィート(約630平方メートル)。閉鎖したセントラル旗艦店(2万5600平方フィート)の3割以下となる。開業は年末になる見通し。店舗賃料は明らかにしていない。

 アバクロは昨年11月、景気低迷と中国本土客の減少を理由にセントラルのペダーストリートの旗艦店(2012年出店)を今年7月までに閉鎖すると発表。今年3月までに閉店した賃貸契約の途中解約に伴う違約金は1600万米ドルとされる。

〔NNA〕