メーカー別 繊維ニュース

米国商務省/越製ポリエステル短繊維のAD調査中止

2017年08月01日(Tue曜日) 午前11時9分

 米国商務省はこのほど、ベトナムからの細繊度ポリエステル短繊維輸入に対するアンチ・ダンピング(AD)調査の中止を発表した。中止はベトナム製のみを対象としており、中国、インド、韓国、台湾製へのAD調査は継続する。「ベトナム・ニュース」が報じた。

 同商務省は6月20日、ベトナム、中国、インド、韓国、台湾からの3・3デシテックス(3デニール)未満の細繊度ポリエステル短繊維(HSコード5503.20.0025)輸入に対し、DAKアメリカズ、ナンヤ・プラスチックス・アメリカ、アウリガポリマーズの訴えに基づき調査を開始していた。

 訴え出た企業は、当該ポリエステル短繊維が通常価格を下回る価格で米国に輸入されており、さらに、ダンピングによる価格の下落で国内産業に大きな影響が出ていると主張している。

 ベトナム商工省によるとベトナムは、細繊度ポリエステル短繊維を年間1万3千トン輸出している。米国への2016年の輸出額は1240万ドルで、中国(7940万ドル)、インド(1470万ドル)に次いで第3位となっている。

〔アパレルリソース・イン・インドシナ〕