メーカー別 繊維ニュース

ダイワボウレーヨン/レーヨン短繊維値上げ/カセイソーダなどの高騰で

2017年08月07日(月曜日) 午後2時22分

 ダイワボウレーヨンは、レーヨン短繊維を9月1日出荷分から値上げする。上げ幅は現行価格から5~10%。副原料であるカセイソーダの価格が急騰していることなどが要因。

 レーヨンの副原料であるカセイソーダは国内外ともに旺盛な需要が続いていることで国内在庫も減少するなど受給がタイト化。このためカセイソーダメーカーが強気の値上げを進めたことで4月から価格が20%上昇した。

 レーヨンの主原料である溶解パルプも需給バランスがタイト化していることで国際価格は上昇が続く。ダイワボウレーヨンによると7月以降も4~6月期と比較して国際価格は5~10%上昇し、今後も上げ基調となる見通し。

 こうした中、ダイワボウレーヨンでは自助努力によるコスト吸収に取り組んできたが、それも限界に達したと判断したという。今後の安定供給のためにも値上げに踏み切る。特に営業政策上の理由から販売価格が抑えられている取引案件に関して先行して価格改定を進める。