メーカー別 繊維ニュース

ベトナム原材料自給化/25年までの需要へ投資220億ドル必要

2017年08月23日(Wed曜日) 午前11時23分

 ベトナムでの繊維・縫製原材料生産での資金不足の問題を解決するためには、外国企業による投資が欠かせない。下請企業による衣料品や付属品素材にかかる2025年までの需要に対応するためには、ベトナムは繊維、染色分野で220億ドルの投資が必要になるだろう――とベトナムニュースエージェンシーは報じている。「ベトナム・ネット」による。

 繊維・縫製産業はベトナムで3番目に大きな輸出産業であり、16年の輸出額は280億ドルに達した。しかし、ベトナムは原材料調達のために十分な手段を講じていない。

 繊維・縫製産業は輸出用製品の生産に年間89億平方メートルの生地を消費しているが、国内の工場で生産されているのは28億平方メートルに過ぎず、残る60億平方メートルは輸入に頼っている。これは金額にして170億ドルに上る。

〔アパレルリソース・イン・インドシナ〕