メーカー別 繊維ニュース

綿花需要増加する中種子入手困難/ミャンマー

2017年08月28日(Mon曜日) 午後4時34分

 ミャンマーの綿花栽培農家によると、同国の戦略的輸出作物の一つである綿花の種子の入手が困難になっている。「ミャンマー・タイムズ」が報じた。

 綿花は二期作が可能な作物であるが、現在政府による種子の供給が不足。農家は種子の民間会社からの購入を余儀なくされ、綿花栽培が高くつくようになったという。農業省からの優良種子配給と異なり、民間企業から購入する種子の品質も良くないという。

 「将来の収穫高に影響が出るはずだ。だから綿花栽培をやめて米作を始める農家もある」とある農家は説明する。政府系組織による配給種子の量、品質も近年低下していると指摘する。

 別の綿作農家は、種子入手の問題に加え、綿花畑で働く労働者の不足も問題であると述べる。「他の作物であれば機械化できるが、綿花の場合、人力で行うしかない。まだ適切な機械を知らないだけかもしれないが」と話す。

〔アパレルリソース・イン・インドシナ〕