メーカー別 繊維ニュース

光るファッション企業の針路/KanFA 次の10年へ(55)/ヨシダユウ/グル―プでアパレル生産最適化

2017年09月08日(Fri曜日) 午前10時39分

 ヨシダユウは、メンズを中心にレディースとキッズを含めたカジュアル衣料や雑貨の企画製造卸で、1997年の設立。前身は62年創業の吉田服装であり、吉田裕紀ヨシダユウ社長の父、誠宏氏が立ち上げた。

 主力商品はTシャツを中心とした「スヌーピー」やサンリオなどのライセンスキャラクター物。これらのキャラクター商品がヨシダユウを引っ張り、会社を大きくしたといっても過言ではない。バングラデシュ、タイ、中国に生産拠点があり、生産品はほぼ日本向け。OEMもある。

 これらの拠点で生産した自社企画によるカジュアル商品を日本に直接輸入し、ショッピングストアや専門店へ販売する。30代ファミリー層をターゲットにする。

 タイ・バンコクにある現地法人グローバル・アパレル・ネットワークスのデザインオフィス、中国・杭州のパターン・サンプル作製事務所・素材調達拠点である杭州吉田裕貿易と連携し、独自のサプライチェーンを構築する。

 「自社でデザイン企画から製造・卸まで一貫・一括管理することで短サイクル、小ロット、低コストのモノ作りを可能にした」(吉田社長)と、他社がまねのできない“オンリーワン”“ナンバーワン”を自負する。

 一大生産拠点となるバングラデシュに2009年3月、現地法人バングラ・ジャパン・トレーディングを設立した。検品チームを作り、2年余りでネットワークを構築。11年5月に自社第1工場を立ち上げた。現在、850人の工員を抱える。月産能力は40万枚。14年9月には編み立てなどを行う第2工場を造り、今年中の完成を目指し現在、第3工場を建設中。

 第3工場ではニット生地の編み立て、カットソーと布帛の縫製ライン、プリント工場を併設する。日本向け品質管理体制と素材開発によって、ニーズに対応していく。プリント工場には最新鋭の54テーブル16頭式、24テーブル6頭式自動プリント加工機械各1台を置く。

 将来的には欧米輸出や中国、東南アジアエリアでの内販を考えている。

 従業員は32人。大阪・中央区安土町、東京・中央区東日本橋に営業所を持つ。年商は12億円。

〈私の信念〉

 「安心して暮らせ、子供も学校に行けて皆がハッピーになること」と吉田社長はバングラデシュに生産拠点を置いた際にそう強く感じたと振り返る。「ハッピーになるためには仕事を確実にこなし、付加価値の高い商品を生み出すことだ」とも。

社名:株式会社ヨシダユウ

代表者:吉田 裕紀

本社:大阪市平野区長吉川辺

   4-1-63

電話:072-331-3335

ファクス:072-336-0230