H&M/インド中規模都市への出店加速

2017年09月11日(Mon曜日) 午前11時10分

 スウェーデンの衣料品大手H&M(ヘネス・アンド・マウリッツ)は、インドの中規模都市への出店を加速する。月内に北部パンジャブ州アムリトサルなど4カ所に新店舗を開設する予定。「ビジネス・スタンダード(電子版)」が7日伝えた。

 アムリトサル、南部タミルナド州コインバトール、中部マディヤプラデシュ州インドール、東部・西ベンガル州コルカタに出店する。1店舗当たりの売り場面積は1万8000~1万9000平方フィート(約1670~1770平方メートル)と、西部マハラシュトラ州ムンバイといった大都市の店舗より3割程度小さくする。

 インドでのH&Mの現在の店舗数は17店。年内に25店まで増やす予定だ。広報担当者は「インドの中規模都市には大きな商機があるとみている」と話した。

 2016~17年度下半期(16年10月~17年3月)の同社インド事業の純利益は1400万ルピー(約2400万円)、売上高は同19億4千万ルピーだった。

〔NNA〕