メーカー別 繊維ニュース

フジボウアパレル「BVD」18春夏/高機能繊維使い新商品/耐久性や吸汗速乾訴求

2017年09月12日(Tue曜日) 午前10時59分

 フジボウアパレルは、「BVD」インナーの18春夏向けで、耐久性や吸汗速乾に優れる高機能繊維を用いた2商品をラインアップした。

 BVDセレクトシリーズにはインビスタの高強力ナイロン「コーデュラ」ファブリック使いのボクサーブリーフを投入した。ボクサーブリーフでは「おそらく初めて」の採用となる。肌着向けに糸を改良し、ストレッチ性のある快適なはき心地を確保しながら、へたりにくさ、穴の開きにくさなどで、同シリーズの綿ベア天の従来品の4倍の耐久性を実現した。前開きのボクサーブリーフと前とじのローライズボクサーの2種類で価格は1500円。

 BVDシーズンインナーには、「ウルトラドライ吸水速乾」を投入する。スポーツ用で「ドライリリース」で知られる米オプティマ社の吸汗速乾ポリエステル「ドライコンフォート」を85%の高混率で用い「BDV史上最高の吸水速乾性」を実現。綿ライクな柔らかい風合いも特徴。BVDレディースのキャミソールの好評を受けて、メンズでも同素材を初採用した。

 トップスは、クルーネックやVネック、Vネックスレーブレス(各1300円)、ボトムスは、ロングボクサー(1300円)とニーレングス七分丈(1500円)の計5アイテムを展開する。