ベトナム1号店オープン/H&M

2017年09月13日(水曜日) 午後1時58分

 スウェーデンの衣料品大手H&M(ヘネス・アンド・マウリッツ)は9日、ベトナム1号店をホーチミン市1区のショッピングモール「ビンコム・センター・ドンコイ」にオープンした。店舗には開店前から行列ができ、入場制限が実施されるほどのにぎわいとなった。

 ベトナムでは、スペインのインディテックスが展開する「ZARA」が1号店を昨年オープンしており、H&Mはこれに続く世界的なファストファッション大手の参入となった。店舗にはオープン1時間前の時点で長蛇の列ができており、前夜から並んでいる人もいたとの情報も飛び交った。

 オープン直前には、店員によるパフォーマンスが実施され、開店後は入場制限が実施された。価格は女性用のTシャツが29万9千ドンや、セーターが42万9千ドン、ワンピースが89万9千ドンなどとなっている。店を訪れた20代の女性は「日本でH&Mによく行っていた」と話し、ベトナムに店舗ができたことに期待感を示した。20代男性は「ベトナムではユニクロが人気なので、ユニクロも早くオープンしてほしい」と語った。〔NNA〕