TSIHD 下半期は粗利益率改善を

2017年10月12日(木曜日)

 TSIホールディングスの齋藤匡司社長は本年度上半期(2017年3~8月期)の連結決算が減収大幅減益となったことについて「赤字とはいえ、内容は見た目ほど悪くない」と、通期の業績予想を変えなかった。下半期は粗利益率改善の諸策を進めて「増収増益」を見込む。