メーカー別 繊維ニュース

島精機製作所/インターテキスタイル上海に初出展/次世代のニット提案

2017年10月12日(Thu曜日) 午前11時21分

 島精機製作所は「インターテキスタイル上海アパレルファブリックス」に初出展した。「ホールガーメント」や成型編み機のユーザーである江蘇揚帆服飾やUPW、上海信諾服飾、嘉興市蒂維時装など中国企業5社と共同で「フューチャーニットウエアゾーン」を設け、次世代のニットの姿を提案している。

 インターテキスタイル上海に初出展した背景には、事業構造の転換を図る中国企業が、ホールガーメントやこれまでになかった高付加価値素材が生産できる機種への関心を高めていることが背景にある。ホールガーメントを導入することで中国内需向けを大きく伸ばす成功例も出ていることも関心を高める要因となっている。

 今回展ではホールガーメントや成型編み機「SVR」の「SP」シリーズ、デザインシステム「SDS―ONE APEX3」などを駆使して生産した素材を紹介。ブース中央にはホールガーメントで生産したスポーツウエアなどを展示している。