メーカー別 繊維ニュース

ミャンマー/17年度30億ドル見込む/縫製品輸出 4割拡大へ

2017年10月25日(Wed曜日) 午後4時19分

 ミャンマー縫製業協会(MGEA)によると、同国のCMP(裁断・縫製・梱包)型縫製業の2017年度(17年4月~18年3月)輸出額は30億ドル(4兆1千億チャット)に達する見込みとなった。昨年の輸出額は21億5千万ドル超だった。4割近い拡大となる。MGEAのミイン・ソー会長は「縫製発注のトップは欧州連合(EU)で、その後に日本、韓国、その他の国が続く」と言う。「イレブン・ニュース」が伝えた。

 ミャンマー商業省のデータによると、4月から9月半ばまでのCMP型縫製業の輸出額が既に10億ドルを上回っている。前年度の9月半ばまでの輸出額は7億1424万ドルで、その前年同期を3億3642万ドル上回っていた。

 投資・企業管理局によると、縫製産業関連の多くの投資提案が政府に提出されている。「毎月縫製工場4軒が立ち上がっており、そのほとんどが中国企業による投資だ」と同会長は述べる。

〔アパレルリソース・イン・インドシナ〕