香港/単月で過去最高/9月輸出 9.4%増

2017年11月06日(Mon曜日) 午後2時8分

 香港政府統計処が発表した9月の輸出額は、前年同月比9・4%増の3587億500万香港ドルだった。8カ月連続のプラス成長で、伸び幅は前月から2ポイント)拡大した。前月比では7・8%増。単月の金額ベースでは過去最高を記録した。

 伸び幅は市場予想の5・9%を上回った。輸出の内訳は、地場輸出が前年同月比6・5%増の39億2600万香港ドル、再輸出が9・4%増の3547億8千万香港ドルとなった。

 輸入額は9・7%増の4034億1300万香港ドルで、貿易収支は447億700万香港ドルの入超だった。

 輸出先別では、輸出先主要10カ国・地域の全てがプラス。全体の55・1%を占める中国本土向けは7・5%増の1976億6500万香港ドルと好調に伸びた。日本向けは18・1%増の121億2300万香港ドル。インド(30・8%増)やベトナム(16・9%増)、ドイツ(39%増)、シンガポール(16・9%増)は伸び幅が目立った。輸出額2位の米国は4・1%増。

 輸入元の主要10カ国・地域も全てがプラスだった。全体の48・2%を占める本土からが6・9%増の1946億900万香港ドル、日本からは1・9%増の229億5300万香港ドル。伸び幅が大きかったのは韓国(33・6%増)やフィリピン(28・1%増)、インド(21・2%増)。

 政府報道官は「アジアでの貿易活発化に伴い、香港からのアジア向け輸出が強く伸びた。欧米向けも改善した」と説明。世界経済の改善が今後も香港の輸出を押し上げると楽観的な見方を示した。

 1~9月の輸出額は前年同期比8・5%増の2兆8137億5300万香港ドル。伸び幅は1~8月から0・1ポイント)拡大した。内訳は、地場輸出が1・4%増の322億4300万香港ドル、再輸出が8・6%増の2兆7815億1千万香港ドルとなった。輸入額は8・8%増の3兆1517億3500万香港ドルで、貿易収支は3379億8200万香港ドルの入超。

 香港貿易発展局(HKTDC)は、今年通年の輸出額の予測を前年比5%増に設定している。

〔NNA〕