ごえんぼう

2017年11月08日(水曜日)

 ゴルフはメンタルなスポーツだと思っていたが、そうでもなさそうだ。北朝鮮圧力や貿易問題といった難しい話題を交わしても楽しめたと満足げな2人▼トランプ米大統領と安倍首相の霞ヶ関カンツリー倶楽部でのゴルフ外交のことだ。舞台となった霞ケ関という名前は、川越市に編入される前が高麗郡霞ケ関村だったため。埼玉県で初めてのゴルフ場という名門で、日本初のゴルフのワールドカップもここで開かれた。中央官界の拠点・霞が関とは異なる▼日米両トップの親密ぶりばかりが報じられたが、何か違和感を覚えた。あれだけ国難を強調しながらゴルフと食事会。日米同盟もさることながら、貿易問題が今後どう進むのか、産業界は注目する▼人工知能やビッグデータ。デジタル化でビジネスは日々変わりゆく。首相がかつて掲げていた第3の矢、TPP(環太平洋連携協定)も米国離脱で雲散霧消。どうなるニッポン。