奈良靴下産地

2017年11月08日(水曜日)

 国内最大の靴下産地、奈良では今年、発信強化の取り組みが多方面で進行した。奈良県靴下工業協同組合は今年、3月から旗艦ブランド「ザ・ペア」の商品販売を開始し、10月に第1回試験を実施した「靴下ソムリエ」資格認定制度創設も並行して進めてきた。11月11日には、産地として初めての「靴下の日」イベントを開催し、合格者へ認定証授与式も行う。組合主導の2事業以外に、各産地メーカーでも、自社ブランド立ち上げや、靴下に限らない独自商品の開発、海外などへの販路開拓などOEM依存脱却の動きが加速する。個性の主張を始めた産地の今をレポートする。