純利益が約4倍 売上高は3.2%減/利標品牌の上半期業績

2017年11月28日(Tue曜日) 午前10時52分

 【上海支局】香港の大手商社、利豊(リー&フォン)傘下で、アパレルのライセンス事業など展開する利標品牌(グローバル・ブランズ・グループ)の2017年上半期(4~9月)決算は、純利益が約4倍の2600万ドルだった。売上高は3・2%減の17・85億ドル。

 大幅増益はブーツブランド「フライ」の特許権の売却益が貢献。減収は「クイックシルバー」の販売中止と、「コーチ」の靴の特許契約満了が影響した。