タイMCジーンズ/国内外で販売促進/1割増収狙う

2018年01月29日(Mon曜日) 午前11時43分

 「MC」ブランドのジーンズなどを製造・販売するタイのMCグループは、今年の売上高を前年比10%増加させる目標だ。国内外で販売を促進する。23日付「ネーション」が報じた。

 国内では販売店の面積を計3千平方メートル拡張するほか、スキンケア製品を取り扱う店舗を増やす。先に導入した会員向けの特典制度も強化し、会員を年内に50万人以上に増やす。

 海外ではミャンマー、イランなどの事業を拡大する。ミャンマーでは販売店8店とオンラインショップを運営。スニー最高経営責任者(CEO)は、アジアのブランドと位置付けていることが同国での販売好調につながっていると指摘した。

 イランでは現在の2店に加え、3月末までに2店を増設する。同国を足掛かりに中東事業拡大も検討する。

 同社は、ジーンズを含むデニム製品が売り上げの60%、残りを時計、スキンケア製品、装飾品が占めている。昨年の売上高は、市場環境の悪化を受けて初めて横ばいだったという。

〔NNA〕