日本のゴスロリブランド/中国・北京で取扱開始

2018年02月07日(Wed曜日) 午前11時14分

 人気ビジュアル系ロックバンド、マリスミゼルのリーダーで、現モワ ディス モワのギタリスト、Manaがプロデュースするゴシック&ロリータブランド「モワ・メーム・モワティエ」の、中国ロリータセレクトショップ「Magi★Magic夢庭園」(北京)での取り扱いが、このほど始まった。

 同ブランドは1999年に設立された。黒、ブルーをメインとした色使いに、十字架、薔薇、王冠などのモチーフデザインを用いた退廃的な要素のあるロリータファッションの代表的なブランドとして、多くのユーザーに好まれている。

 素材やパターンにこだわり、日本の作家や昔ながらの縫製工場と一緒に制作している。

 女性的なエレガント・ゴシック・ロリータ、中性的なエレガント・ゴシック・アリストクラットを表現した2ラインを展開する。

 オンラインショップをメインに販売を行っているモワ・メーム・モワティエだが、国内には取扱店が9店舗ある。中国でも人気が高いことから、北京での取り扱いが始まった。中国での取り扱いは今回が初めてで、実際に手に取って、購入できる店舗での販売となる。

 同ブランドは「モワ・メーム・モワティエの世界観、また、日本のゴスロリ文化を世界に誇れるよう発信していきたい」としている。