2017年の香港繊維品貿易/輸出入とも下げ幅縮小/原料・製品地場輸出が伸長

2018年02月27日(Tue曜日) 午後4時4分

2017年の香港繊維品貿易/輸出入とも下げ幅縮小/原料・製品地場輸出が伸長

 【上海支局】香港政府統計処によると、2017年の香港繊維品貿易(金額ベース)は輸出、輸入ともに前年に比べ下げ幅が縮小した。繊維原料と製品の地場輸出(香港製品の輸出)は、前年を上回った。

 輸入が1528・80億香港ドル、地場輸出が9・28億香港ドル、再輸出が1718・45億香港ドルで、前年に比べそれぞれ4・8%、15・1%、5・8%減った。下げ幅は、それぞれ7ポイント、11・1ポイント、8・3ポイント縮小した。

 うち、地場輸出の繊維原料と製品は、それぞれ8・3%、7・2%増えた。繊維原料が前年を上回ったのは、2010年以来7年ぶり。製品は比較可能な92年以来25年ぶりだ。

 主な原産地別繊維製品輸出も、全て下げ幅が縮小している。特に中国産テキスタイルは2・7%減となり、下げ幅が10・3ポイントも改善した。縫製のASEAN地域が進む中、香港を経由した同地域へのテキスタイル輸出が増えていることを反映した。