ごえんぼう

2018年03月08日(木曜日)

 「分かってはいるけれど……」。少子高齢化で日本市場の縮小は避けられない。海外市場の開拓が不可欠だ。しかし、中小企業のほとんどは、具体的に動けずにいる。理由の一つは語学力への不安だろう▼その不安を感じずにすむようになるかもしれない。英語、中国語、日本語の会話を自動翻訳するイヤホンが既に開発されており、実用化も近いという。イヤホンがマイクを兼ねており、それを付けるだけで自然な会話が成立するそうだ▼車が無人で走る時代。自動翻訳イヤホンが登場しても不思議ではない。SFの世界の話だと思っていたことが次々と現実味を帯びる。第4次産業革命時代に確かに突入しているようだ▼自動翻訳イヤホンが登場すれば、日本の繊維企業の動き方も様変わりするだろう。ほかにもまだ、役に立つのに知らない技術があるはずだ。知らないままでいると、いつの間にか負け組になっていることにも……。