インドネシア/ユニクロ/スマトラ島1号店16日オープン

2018年03月14日(Wed曜日) 午後4時33分

 ファーストリテイリングは16日、インドネシアの北スマトラ州メダン市に、スマトラ島で初の「ユニクロ」店舗をオープンする。ジャワ島外に出店するのは初めて。

 スマトラ1号店は、メダン市中心部の商業施設「サン・プラザ」に設置した。店舗面積は、既存店とほぼ同じ約2千平方メートル。現地法人ファーストリテイリング・インドネシアの田中倫昭社長兼最高執行責任者(COO)によると、サン・プラザは「地元住民だけでなく、スマトラ島の他都市からの買い物客も訪れる商業施設」と言う。メダン市の人たちは近隣のシンガポールやマレーシアに旅行する人も多く、「インターナショナル・ブランドに関心が高い地域」と付け加えた。

 同社は、2018年8月期第1四半期(17年9~11月)に、東ジャワ州スラバヤに2店舗をオープン。今年は4月にジャカルタ、5月にジョクジャカルタとジャワ島外で2店舗目となるマカッサル(南スラウェシ州)に出店する計画で、8月末までに18店舗体制とする。

 ファーストリテイリングは1月、第1四半期は海外ユニクロ事業のうち東南アジア・オセアニア地区で、当初計画を上回る大幅な増収増益を達成したと発表。その中でインドネシアは特に、タイと並んで業績が良かった。田中社長は「(店舗網の拡大で)ブランド認知度が上がってきた」ことを好調さの要因の一つに挙げた。

〔NNA〕