自動車用素材でインド合弁会社/米アディエント

2018年04月09日(Mon曜日) 午後3時40分

 世界的なカーシートメーカーの米アディエントは、インドで現地の繊維メーカー大手のアルヴィンドと組み、自動車用素材の開発、製造、販売を行う合弁会社を立ち上げた。社名は、アディエント・アルヴィンド・オートモーティブ・ファブリック。

 今回の合弁事業はアディエントにとって、中国合弁事業に次いでのアジア製造拠点になる。アディエント・グローバルファブリックスのジェフ・ベルカメン副社長は、「アディエントは顧客に新しい価値を提供するとともに、常に前進することでファブリック製品のポートフォリオを強化している。アルヴィンドとの提携で、急速に成長しているインド自動車市場でこれを実現する機会を得ることができた」と語る。

 一方のアルヴィンドは、ファッション以外の市場に繊維製造を広げる機会をこれまで模索してきた。今回の合弁事業を重大な分岐点とみる。