帝人 アラミドで船舶用途開拓

2018年04月14日(土曜日)

 帝人はパラ系アラミド繊維で大型船舶の係留ロープ分野の開拓に乗り出す。アラミド繊維と超高分子量ポリエチレンフィルムを組み合わせることで、長寿命化や信頼性を高めることに成功した。既に欧州での実証試験も始まっており、2020年をめどに本格化を目指す。