メーカー別 繊維ニュース

シキボウ/衛生機能の新商品に力/抗ウイルスシートや消臭剤

2018年04月18日(Wed曜日) 午前10時47分

 シキボウは衛生機能加工を応用した新商品開発に力を入れる。近年、吐しゃ物処理用の抗ウイルス性の不織布シートや臭気対策消臭剤を販売してきたが、市場のニーズが高まっているため改良や工夫を加えさらに商品の種類を増やしている。

 嘔吐(おうと)物の処理に使う不織布シート「ノロガードシート」はこれまで覆ったり包んだりするシート状のものを製品として販売してきたが、エチケット袋タイプを新たに開発した。袋内にはノロガードシートとおむつなどに使われる吸水性のある素材を採用し、抗菌と同時に水分を吸収しウイルスの拡散を防ぐ。

 昨年からメディアで注目される臭気対策消臭剤「デオマジック」も従来の薬剤スプレーから、薬剤をジェル状にし部屋に置くだけで効果を発揮するタイプや霧状に吹き掛けるエアゾールタイプ、手に付いた臭いを消す石けん状の商品を新たに開発した。