韓国の半延伸糸輸入 1~3月は大幅増/ベトナム

2018年05月14日(月曜日) 午後1時1分

 2018年第1四半期(1~3月)の韓国のベトナムからのポリエステル輸入で、DTY(延伸加工糸)の輸入量が微減、輸入額が増加した一方、POY(半延伸糸)は大幅に増加したことが明らかになった。韓国業界紙が伝えた。

 韓国化学繊維協会によると、DTYの輸入量は前年同期比1・7%減の3万792トン、輸入額は8・7%増の5619万5千ドルだった。量が減少した半面、金額が増加した背景には、平均輸入単価が6%上昇したことがある。

 国・地域別で見ると、DTY輸入国としては2位となるベトナムは6673トン(1・4%減)、1232万8千ドル(12・4%増)だった。ベトナム製DTY輸入量はこれまで、毎年約100~200%もの増加幅を見せていたが、国内需要の拡大により韓国への輸出が減少した。

 一方、ベトナムからのPOY輸入は、3504トン(873・3%増)・423万8千ドル(892・5%増)と、いずれも大きな増加幅を見せた。ベトナムはPOY輸入で、マレーシアに次ぎ2位に位置している。POY全体の輸入量は12・9%減の1万5834トン、輸入額は3・1%減の2030万5千ドルだった。

〔NNA〕