イオンモール/ベトナムに6号店/20年度下半期開業めざす

2018年05月16日(水曜日) 午前11時29分

 イオンモールはベトナム・ハイフォン市に、同国6号店となる「イオンモール ハイフォン レテチャン」(仮称)を出店する。2020年度下半期の開業を目指す。

 17年6月に同市とイオンモールで「ショッピングモール投資促進に関する覚書」を締結したプロジェクトによるもので、ハイフォン市へは初出店となる。同市は高速道路や二つの国際空港、中国とつながる鉄道などの交通網が整備され、観光天然資源にも恵まれていることから、近年目覚ましい経済成長を遂げている。

 同モールの規模は、敷地面積約9800平方メートル、地下1階・地上3階(一部4階)、延べ床面積約15万平方メートル。総合スーパーのイオンを核店舗に、約200の専門店で構成する計画。

 同国では14年1月開業のイオンモール タンフーセラドンを皮切りに、16年7月まで同ビンズオンキャナリー、同ロンビエン、同ビンタンと相次いで開店。現在、19年度の開業に向け5号店・イオンモール ハドンの建設も進めている。今後もグループ共通戦略「アジアシフト」で、経済成長著しいベトナムを重要市場に位置付け、金融事業やアミューズメント施設を含むグループ一体の事業展開を加速する。