香港・ジョルダーノ/第1四半期13・4%増収/中国本土は20%の伸び

2018年05月22日(Tue曜日) 午後3時53分

 香港のカジュアル衣料チェーン大手、ジョルダーノ・インターナショナルが17日発表した2018年第1四半期(1~3月)決算は、売上高が前年同期比13・4%増の14億5700万香港ドルだった。固定レートで計算した売上高の伸びは7・9%。比較可能な既存店ベースの売上高は9・5%増となった。

 売上高を市場別に見ると、香港・マカオは3・8%増の2億4800万香港ドルだった。粗利益率は0・9ポイント下落の66・%。旧正月(春節)が昨年に比べて遅く、販促活動が長引いたことが足を引っ張った。

 中国本土は20%増の3億7800万香港ドルと好調に推移した。直近1年で不採算店を30店閉鎖したが、比較可能な直営店の既存店ベース売上高は16・7%増えた。電子商取引(EC)事業は28・9%増。

 台湾は27・2%増の2億100万香港ドル。同社は、台湾市場が昨年第2四半期(4~6月)から伸び始めており、小売市場は回復していると分析した。粗利益率は2・4ポイント上昇の62・1%で、昨年よりクリアランスセールが少なかったことが数値を押し上げた。

 その他アジア太平洋地区は21・6%増の4億2200万香港ドル、中東は8・8%減の1億3400万香港ドルだった。

 3月末時点の店舗数は2414店で、前年同月末から40店の純増となった。本土の直営店を30店減らしたが、その他アジア太平洋地区は32店の純増。香港・マカオでも2店の純増となった。

〔NNA〕