メーカー別 繊維ニュース

特集 タオル&水回り(5)/こだわりのイチ押し商品

2018年05月23日(水曜日) 午後4時9分

〈 小原 ■「ココチLDK」を進化〉

 「ココチLDK」に、汗・花粉・カビなどのタンパク質を水に変える「ハイドロ銀チタン」加工を施したタオルやウエアを加え進化させた。ウエア地はバンブーレーヨンと無撚糸を交織した2重ガーゼ。柔らかく、吸水速乾性・保湿性に富む。

〈浅野撚糸■「純ギラ銀」〉

 「エアーかおる」の新シリーズ。抗菌防臭性を持つ純銀糸「ミューファン」を採用しており、水に触れると発生するイオンが強力な抗菌作用を発揮する。部屋干ししても臭いが残らず、半永久的に抗菌作用が続く。

〈合同商事■「裏具 タオルセット」〉

 京都・宮川町に店を構える手紙道具の店「裏具」、東洋紡の伝統糸「金魚」、今治タオルがコラボレーションしたタオルセット。裏具の“和にこびすぎない”デザインとともに、松竹梅をモチーフにしたデザインを採用した。

〈犬飼タオル■「すみっコぐらし」〉

 昨秋から新たに導入したサンエックスのキャラクターブランド。しろくま、ぺんぎん?、ねこ、とんかつ等の表情がかわいく好評。すみっコぐらし「とかげとおかあさん」、「bento」を展開する。

〈小杉善■「泉州アンナクロエ」〉

 ホテルタイプの泉州製タオル「泉州アンナクロエ」を提案する。米国の「スーピマ」綿を採用し、アイテムによって糸番手を変えているのが特徴。おしぼり(34×35センチ)、フェースタオル(34×80センチ)は24番手糸、大判バスタオル(70×130センチ)は16番手糸を使用。

〈サンコー■「びっくり足裏つるつる」〉

 楽な姿勢で足裏の角質汚れを奇麗にできるバス関連グッズ。表面の三角形状ポリエステルが汚れをかきだす。裏面には滑り止めのアクリル樹脂を採用する。

〈内野■あったかウエアを拡充〉

 ガーゼの通気性とパイルの保温性を兼ね備えた「マシュマロガーゼ&パイル」、2層のガーゼで2層のワッフル織りを挟み込んだ「マシュマロワッフルガーゼ」など、独自素材による“あったかウエア”を拡充。ベストや肩当てなども加えた。

〈オーミケンシ■「温故知新シリーズ加工」〉

 安心して使える天然の原料由来の後加工シリーズ。日本古来の美容素材であるヘチマ、ヨモギ、アズキに加えて、ブドウ(抗菌、UVケア、保湿)、イチョウ(抗菌、UVケア)、メロン(抗菌、UVケア)を用いている。耐洗濯性も高い。

〈日繊商工■「日本の湯」シリーズ〉

 日本の温泉や銭湯などの魅力をタオルでユニークに表現した新シリーズ。ギフト用「湯めぐりの郷」は、体を洗う泉州製白タオルと湯上がりに体を拭く今治製タオルを詰め合わせた。「銭湯シリーズ」は湯上がり用(約64×120センチ)、手拭い用(約34×100センチ)とサイズや軽さ、薄さにこだわった。

〈新徳丸■「ラージタオル」〉

 もう少し…大きかったら、使いやすいカタチや素材だったら、多様なシーンで使えたらなどの声から生まれた90×180センチのラージタオル。ガーゼやプリント、パイルなど4種類の風合いとフリンジ仕様で展開する。インテリアにも映える色柄や筒状のクラフト感のあるパッケージも特徴。

〈プレーリードッグ■「つやの玉」〉

 食べるこんにゃくを使った洗顔スポンジ。湯で戻すと水分を含んでぷるんと優しい肌触りになる。こんにゃくの繊維がきめ細かく乳幼児の体洗いにも最適。タオルと組み合わせたギフトなどで提案する。

〈スタイレム■「今治謹製 KIRA KARACHO」〉

 「今治謹製」シリーズの第12弾目。KIRA KARACHO(雲母唐長)は1624年京都で創業し、日本で唯一続く唐紙アトリエ。唐紙文様で縁起の良い「南蛮七宝」と「天平大雲」の柄と世界観をタオルに落とし込んだ。

〈マツイコーポレーション■「はなぶさ抄」〉

 タオルギフト。英国風小花柄を今治のジャカードで表現し、ガーゼ花柄にはトップ染めのボタニカルダイ糸を部分的に採用。アプリコット、レモン、ブルーベリー、スズランを使用する。

〈本多タオル■一格上の商品を〉

 糸染めの無撚糸を使った、一格上の商品として訴求する。柔らかい肌触りと鮮やかな配色が特長。柄は3種類で、フェースタオル、バスタオル、ハンカチの各サイズをそろえる。

〈ナストーコーポレーション■「ヨガタオル」〉

 約60×180センチ。スポーツブランド「ヘッド」「アウトドア」で展開。ポリエステルマイクロファイバーとナイロンを複合して滑らかなソフトタッチに。ヨガマットの上に敷いてずれにくいようにマットのコーナーに入れるポケットを付けた。コンパクトで持ち運びしやすい。