タイ/カナダの衣料メーカーサケオSEZに工場

2018年05月31日(Thu曜日) 午後4時45分

 タイ工業団地公団(IEAT)のソムジン副総裁は、国境経済特区(SEZ)に指定されている東部サケオ県アランヤプラテートで開発を進めているサケオ工業団地にカナダ系の衣料品メーカー、ZIMインターナショナルが入居すると発表した。「ポストトゥデー」が報じた。

 このほどゾーンFの用地6ライ(0・96ヘクタール)について両者が入居契約を交わした。ZIMインターナショナルは直ちに工場建設に着手し、年内に操業を開始する。

 タイ国家経済社会開発委員会(NESDB)は昨年末、国境SEZ10カ所のうち投資誘致が進んでいない6カ所について開発計画を見直す方針を示したが、サケオ工業団地は農産物加工、繊維・衣料品、家電・エレクトロニクス、プラスチックなど12分野を重点的に誘致して成果を上げている。カンボジアに隣接していて労働力を確保しやすいこと、東部レムチャバン港に比較的近いことなどが評価されているもようだ。

〔NNA〕