香港/前年同月比12・3%増/4月の小売売上高

2018年06月06日(水曜日) 午前10時53分

 香港政府統計処が5月31日発表した4月の小売売上高(速報値)は、前年同月比12・3%増の395億4千万香港ドルだった。14カ月連続のプラス成長。伸び幅は前月(修正値)から0・8ポイント拡大した。

 物価変動を除いた数量ベースでは前年同月比11・1%増で、伸び幅は前月から1ポイント拡大した。

 小売売上高を品目別(金額ベース)に見ると、金額の大きい宝飾品・時計・高級贈答品が24・6%増の66億1900万香港ドルとなり、10カ月連続のプラスを記録。耐久消費財も15・3%増の57億4100万香港ドルと2桁%成長した。このうちスマートフォンなどのエレクトロニクス機器を含む未分類の耐久消費財と電気製品は17・7%増の37億9500万香港ドルと力強い伸びを示した。自動車・自動車部品は16・4%増で、前月のマイナス成長から一転した。

 旅行者に人気の医薬品・化粧品は17・9%増の45億5500万香港ドル。衣類・靴類・関連製品は6・7%増の53億8400万香港ドルで、内訳は衣類が6・3%増の46億6900万香港ドル、靴類・関連製品・その他が9・4%増の7億1500万香港ドルだった。

 香港市民の消費が支えるスーパーマーケットの商品は1・1%増の41億2600万香港ドル。百貨店のスーパー部門を含めると1・8%増だった。百貨店は12・6%増の39億3300万香港ドルと好調を維持。食品・酒類・たばこは3・9%増の34億3400万香港ドル。

 政府報道官は「旺盛な消費意欲と活発な香港観光業の恩恵を受け、4月の小売売上高は2桁%成長を維持した。短期的には良好な就業状況などが引き続き香港の小売業を下支えする」と分析した。

 1~4月の小売売上高は前年同期比13・9%増の1694億9900万香港ドル。数量ベースでは12・3%増えた。

〔NNA〕