メーカー別 繊維ニュース

敦賀事業所で酵母流出事故/東洋紡

2018年07月11日(Wed曜日) 午前11時46分

 東洋紡の敦賀事業所バイオ工場(福井県敦賀市)で7日午後11時半ごろ、酵母を含む水性液体が流出する事故が発生した。流出した酵母は遺伝子組み換え酵母だが、東洋紡によると環境への影響はないとしている。近隣住民や従業員、関係者への被害は確認されていない。

 事故は製造工程内の配管が外れたことが原因。酵母を含む液体が排水路を経由して最大74リットル流出したと推定される。応急措置により8日午後12時8分には流出は止まった。

 東洋紡の敦賀事業所バイオ工場は、天然由来の酵母に酵素遺伝子を導入した遺伝子組み換え酵母を使用して酵素を製造している。東洋紡によると、流出した遺伝子組み換え酵母は動物に対する危険性がないことを確認しており、導入した遺伝子も他の微生物に伝播する機能を持たない。このため環境への影響はないとしている。