MU19秋冬 初日から多くのバイヤー

2018年07月12日(木曜日)

 欧州最大規模の服地見本市「ミラノ・ウニカ(MU)19秋冬」が10日、初日を迎えた。27社・団体が出展した日本コーナー「ザ・ジャパン・オブザーバトリー」(The JOB)は午前中から多くのバイヤーが訪れ、各社から「昨年よりも出足が良い」との声が聞こえた。会期は12日まで。