メーカー別 繊維ニュース

東洋紡STC/オーガニックコットンで機能性原糸の幅を広げる

2018年07月13日(Fri曜日) 午後4時11分

 東洋紡STCは、オーガニックコットンの採用を本格化する。吸水速乾、抗ピリング性などを備えた機能性原糸「爽快コット」や、バルキー糸の「エアリーコット」でオーガニックコットン100%のバリエーションを追加する。同社は、このほどオーガニックコットン認証を取得。インディアン・オーガニックコットンの綿糸「ソレイユオーガニック」のほか、タオル用途のブランド綿糸「金魚」でも採用し、オーガニックコットンを求める消費者ニーズに対応する。

 一方、4~6日に東洋紡本社ビル(大阪市北区)で行われた総合素材展示会「テイスティ展」の大阪展では、除菌性能を持つアクリル素材「アグリーザ」と、アクリル混で銀イオン由来の抗菌性能を持つコットン「金魚AG」に関心が集まった。東京展は12日までボーケン東京事務所(東京都江東区)で行われた。